一あるいはいかにして少年は難しい顔をするようになったか一
<< 花とアリス | main | 京都効果 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ジョゼと虎と魚たち
三連続の邦画です。

* * *

ジョゼと虎と魚たち
ジョゼと虎と魚たち
出演:妻夫木聡、池脇千鶴
監督:犬童一心
おすすめ度 ☆☆

巷で噂の新鋭・犬童一心監督。この作品はどうやら賛否両論あるみたいですが、ぼくも未だに良いのか悪いのか浅いのか深いのかよくわからないです。たしかに淡々とリアルに描かれていて「あとは自分で考えてね」っていうスタンスはわかるんだけど、その世界観そのもの(=現実)が理解できないというかもともと嫌いなので…とか言ってしっかりニ回観てしまったんだけれど。

だいたいのひとが否定するのはあの結末なんじゃないかとまあ勝手に憶測するんですけれど、あれはぼくとしては嫌いじゃないです。決してアンチ・ハッピーエンド派なわけじゃないんですけど(それも少しはあるかも)、まあ現実としてあんなものですよね大概の男というのは。別に男に限ったことでなく、そういう意味では現実を親切に切り取ったかたちで表現しているし、あんまりそういうのってなかったから逆に新鮮に感じました。

でもこの作品って全体的に不快指数が高いと思うんですよね。少なくとも見終わった後に気持ちが晴れるようなタイプの映画じゃない。一貫してかなり現実的というか、夢見心地な演出がないですし、ベッドシーンも多いですし、どこまでそれらを許容できるかというのがひとつのボーダーラインであるような気がします。ぼくとしては、障害者を見下しているような描写がすこし気になりました。ちょっと過剰じゃないかなと。トイレのシーンでニヤニヤ笑って中に入ってくる妻夫木君の気味悪さなんかは相当でしたし。

演技に関しては妻夫木君も池脇さんも素晴らしかったです。どちらも普段あんまりやらない役柄だと思うんですけど、地力で押し切った感じですね。ベッドシーンなんか両者のファンとしてはけっこう複雑な心境なんじゃないのかな。そのへんは犬童監督、センスというか度胸ありますよね。映像的には海のシーンが印象的だったのと、意外と渋いカットが得意なのかなと思いました。細かいところでは、『青い春』の青木(新井浩文)がより一層髪型にエフェクトをかけてて笑えたり、板尾さんの微妙さもよかった。あとおばあさんは絶対ムッシュかまやつだ。

Amazonのレビューに「この映画(で感動すること)はダメ男かどうかの踏絵です」というのがあったけれど、できることなら感動しないまま生きていきたいと思うぼくは間違ってるのかな。星一個分はくるりの音楽に。
| 映画 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:57 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
あちらの小部屋
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ