一あるいはいかにして少年は難しい顔をするようになったか一
<< カポーティ | main | スパイダーマン 2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
スパイダーマン
評価:
トビー・マグワイア,スタン・リー,サム・ライミ,ウィレム・デフォー,キルスティン・ダンスト,ジェームズ・フランコ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥ 1,380
(2006-03-29)
いまさらだけど、観ました。「2」とセットで借りたのが気恥ずかしかった。

* * *

しかしほんとこれキルスティンかわいくないなあ…。『マリー・アントワネット』見たばっかりなので余計にそう感じるのかも。『ヴァージン・スーサイズ』もそうだけど、彼女は肌が白いんだからブロンド・ヘアが映えるのに、いかにもコンビニで買ってきたカラー剤で染めました、みたいな赤髪だからいけないんだ、きっと。顔ごつごつに張って見えるし。体は細いのに…まあソフィア・コッポラと相性が良すぎるせいもあるのかもしれないけど。

でも、実は意外におもしろかったんですよね、スパイダーマン。娯楽作品のなかではやっぱりよくできてる方なのかな、と思いました。活躍してピンチになってっていうヒーローものの典型的見せ場が一通りあって、CGもすごいし、笑いもとるし、感動…はちょっとしなかったけど、けっこう普通に見入ってしまった。トビー・マグワイアの表情がいいんですよね。にゅっと笑う口元とか、くあっと見開いた目とか、あれは一体なんなんだ。暗いじめじめしたヒーローっていうのが、マッチョなアメリカらしくなくていいのかもしれない。

ところで、グリーン・ゴブリン(むしろメタリック般若)の最期って、フリーザが気円斬でまっぷたつになったのを思い出しますね…なんとなくですが。
| 映画 | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:25 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
あちらの小部屋
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ