一あるいはいかにして少年は難しい顔をするようになったか一
<< 脂肪の塊・テリエ館 | main | 春のめざめ・岸辺のふたり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Someone to Drive You Home
評価:
The Long Blondes
Rough Trade
¥ 2,117
(2006-11-06)
あちらのくまさん(♂)は、どうやら音楽記事の専属レビュアーになった模様。

* * *

「低音では逞しく、高音では朗らかに突き抜ける女性Vo.ケイトの圧倒的な声量。その吐息だけが空中に艶やかな影を残す。ワンストロークごとに閃光を放つギターリフに歯切れよく重なるドラムスの乾いた響き。目も眩むようなポップセンスに懐かしきイギリスの伝統を匂わせるも、どこまでも鋭く歪んだバンドサウンドは新世代の推進力に満ち溢れている」一 from あちらのくまさん(♂)

どういうわけか最近ガールズ・バンドばっかり聴いている気がする。とはいっても、このバンドは普通にかっこいいんです。ガーリーなかわいらしさを売りにしていないというか、それ以上にクールで洗練されている印象が強い。ドスの利いたケイトのヴォーカルも破壊力ありますし、アークティック・モンキーズと同郷のシェフィールド出身らしい小刻みなリズムも魅力。古き良きダンスフロアの復権って感じがします。そのあたりはやっぱりフランツの流れなのかな。彼女らの楽曲を聴いていると、PopだとかRockだとか、もうなんだかよくわからなくなってくる。

映像→Once and Never Again
映像→Separated by Motorways
映像→Weekend Without Makeup

上の3曲がおすすめです。PVで見るとファッションも好い感じ。しかしこれだけ言っておきながら、このバンド名が「ロング・ブロンズ」なのか「ロング・ブロンディーズ」なのか未だにわからないという有様。正確にはどっちなんですか。
| 音楽 | 03:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:05 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
あちらの小部屋
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ