一あるいはいかにして少年は難しい顔をするようになったか一
<< 双生児〜GEMINI〜 | main | ブロークンフラワーズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
シティ・オヴ・グラス
評価:
ポール・オースター
角川書店
¥ 441
(1993-11)
孤独な作家のもとにかかってきた、一本の間違い電話。それはある男を尾行してほしいという依頼だった。作家のクィンはほんの好奇心から探偵になりすまし、男のあとをつけはじめるが、事件は一向になにも起こらない…。アメリカ現代作家の第一人者、ポール・オースターのデビュー作であり、『幽霊たち』『鍵のかかった部屋』と続く、ニューヨーク三部作の第一作。

これはネタバレなのかもしれないけど、事件はたしかに何も起こらない。けれど、「たしかに何かが起こったのだ」というこの感覚。はじめてオースターさんが日本に紹介されたとき、“いっぷう変わった探偵ミステリー”というレッテルを貼られたそうだけど、これほど純文学として刺激的な物語もそうそうないと思う。『幽霊たち』のあとがきで訳者の柴田元幸さんは、ニューヨーク三部作に共通する雰囲気を「登場人物が“どこでもない場所”で“誰でもない人間”になっていく状況」と述べられていますが、まさにそのとおり。

この作品の物語をかたちづくるものは言葉と思考である、とぼくは思う。一通りの筋とわりと意外なオチではあるけれど、読み手は登場人物の言葉と思考を通して、間接的に精神の自由を体感することができる。そこに言葉という固定観念はなく、なにを意味するのか、正しいのか、または存在するのか、「自分のあたまで思考する」ことを余儀なくさせられる。事件は一向に起こらない。しかし、その過程を体感する前と後では、たしかに何かがすこし違っている。それは優れた小説だけが持つひとつの大きな力ではないかと、個人的には思います。

ピーター・スティルマンの独白は夢に出てくるくらい面白かった。オースターさんの書く英語は簡明で無駄がなく、知的で詩的で音楽的な文章だということで、英語力向上のためぜひ原文にチャレンジしてみたい。たしか朗読とかもやってますよね、このひと。リスニングを鍛えないと。
| | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
あちらの小部屋
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ