一あるいはいかにして少年は難しい顔をするようになったか一
<< 恋の平行線 | main | Up All Night >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
トレインスポッティング
ブッカー賞にも選出されたアーヴィン・ウェルシュのデビュー作。
ドラッグとアルコールとセックスと暴力。人生を選ばない若者たちの群像劇。
約500ページの長編だけど、短編の積み重ねで構成されていて読みやすい。
各章ごとに語り手が変わり、登場人物の内面描写へのアプローチが秀逸です。
おおげさで皮肉っぽくて自嘲気味なブリティッシュ・テイストが全開!
映画もいいけど、小説もいいね。いままでで一番さくさく読めたかも。
| | 02:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:22 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
あちらの小部屋
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ