一あるいはいかにして少年は難しい顔をするようになったか一
<< サマータイムマシン・ブルース | main | 風街ろまん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
バリー・リンドン
評価:
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 1,305
(2006-12-08)
鬼才スタンリー・キューブリック監督が'75年に製作した歴史大作。
18世紀、アイルランドの平民に生まれたバリーの波瀾万丈な生涯を綴る。
絵画のように切り取られた映像美が全編を流れる。徹底された芸術性は圧倒的!
衣装は『マリー・アントワネット』でもデザインを担当したミレーナ・カノネロ。
映像自体は文句なしなんだけど、3時間映画はついてくだけで正直しんどいです。
でも話はそれなりにおもしろいし、ひとつの体験として観といてよかったと思う。
レディ・リンドン役の女優さんはびっくりするくらいきれいだった。ほんとに。
| 映画 | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:47 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
あちらの小部屋
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ